a piece of tomorrow >綾鈴堂落窪物語 >登場人物紹介
はじめに

現代若者京ことば訳 
 落窪物語

登場人物
あらすじ
豆知識

メールマガジン
リンク
掲示板

関連書籍案内

メールについて
登場人物紹介


注)  『』内は、「シンデレラ物語」での登場人物名。

  「落窪の君」(おちくぼのきみ)    『継母』北の方により、落ち窪んだ部屋に住んでいたため。    (詳しくは本編で)

         この物語の主人公の『シンデレラ姫』。    皇族の血筋の女性を母に持つが、はやくに亡くし、父親にひきと   られる。    姿も心も美しく、頭も良いのにもかかわらず、醜くて性根の悪い   者として『継母』に扱われ、召し使い以下の暮らしをさせられてい   る。   

  「右近少将」    「右近衛府」の次官です。

     この物語の『王子様』。    名は道頼(みちより)。    姿も心も立派な人。

  「阿漕」(あこぎ・あこき)

     この物語の副主人公(『魔法使い』?)        「落窪の君」に幼い頃から仕えている侍女。    機転のきく賢い女性。    髪の美しい(当時の美人の条件)見栄えのする侍女らしい。    「あこき」と書くのが妥当だとは思いますが、地の分との区別   の意味も含めて、「阿漕」と漢字(当て字)表記します。    歌舞伎等では「阿漕」という名です。

  「帯刀」(たちはき・たちわき)     東宮坊の舎人監の役人で、皇太子に侍し、非常事態に備える者で、    特に刀を持つことを許されたので、こういう名だそうです。

   この物語の副主人公(『魔法使い』もしくは『馬車』?)    阿漕の夫。    名は惟成(これなり)。    蔵人の少将の家来で、右近の少将の乳兄弟。

  「北の方」     寝殿造の屋敷で北の対屋に住んだことから、寝殿造の屋敷に住む    ようなレベル(!?)の「お殿様」妻の敬称。

     『いじわるな継母』     自分の産んだ娘たちに幸せな結婚をさせたいあまりに、落窪の君    に辛くあたる。     当時の結婚は、女性の方の「家」が、男性を「婿」として迎えい    れ、装束やその他のことを「お世話」するのが習わしなので、「親」    の庇護のない娘は「幸せな結婚(身分の高い立派な男性との結婚」    は望めない。   

  「大君」     長女

   「落窪の君」の異母姉妹(北の方の子)。  既婚。

  「中の君」     次女

   「落窪の君」の異母姉妹(北の方の子)。  既婚。

  「三の君」      三女

   「落窪の君」の異母姉妹(北の方の子)。    物語冒頭部分で「蔵人の少将」と結婚。

  「四の君」      四女

   「落窪の君」の三歳年下の異母妹(北の方の子)。    未婚。

  「三郎君」      三男

   「落窪の君」の異母弟(北の方の子)。    物語冒頭部分では十歳くらい。    名は景政。     落窪の君の味方です。    (映画「エバーアフター」でいう次女?)    

  「中納言」    太政官の次官。従三位。    政務の機密に参画。

   「落窪の君」の父親。     名は源忠頼。     「落窪の君」を悪く思っているわけではないが、北の方の言うこ    とを鵜のみにし、口車に乗せられて、救うことができない。       

  「左大将」    「左近衛大将」の略で、「左近衛府」の長官。従三位の位です。    皇居の警衛をしたりする武官です。

   「右近の少将」の父親。    

  「蔵人の少将」     近衛少将で蔵人を兼ねている。     「蔵人」     天皇に近侍しし、宮中大小の雑事をつかさどる役所の職員。     五位または六位。かなり名誉な職。

    三の君の婿。     この家の婿の中で最も位が高いため、特に大切にされる。     良いことは良いと言い、悪いことは悪いと言う、なかなかの    好青年らしい。    

  「典薬助」(てんやくのすけ)     宮中の薬関係を司る「典薬寮」の次官。

    北の方の叔父。     中納言邸部屋住み。     60歳くらいで、女好き。
現代若者京ことば訳
綾大鈴

1320047
today: 0032 , yesterday: 0365
graphics by綺陽堂 /更新情報 /ほんわかの素 /ことのは 綾大鈴