a piece of tomorrowことのは詩集「おかえりなさい。」のお手紙 >2006年01月
メルマガ案内

詩集「おかえりなさい。」のお手紙
携帯詩集「しあわせ風船」

リンク
掲示板

お願い

作者(綾大鈴)について
メールについて

おかえりなさい。



とてもとても新し過ぎて
まだここにないのです

それよりもずっと新しいけれど
まだここにはないのです

何よりも新しいから
今よりも新しいから
まだ見せることはできないのです

♪1964通目のお手紙
*2006/01/01


おかえりなさい。



笑ってほしくて言ったけれど
言う前に笑ってしまう
そして笑った後に言った言葉で
また次の笑顔が生まれる

今の笑顔はどの笑顔かなんて
わからなくたっていいから
とにかく今は笑っていよう
次の人が困ってしまう

数ばかり数えていても
増えるわけではないから
とにかくどこかで笑っていて
いつかそれがここに来るから

♪1965通目のお手紙
*2006/01/02


おかえりなさい。



ふたつがよっつあったり
ななつがひとつしかなかったり
みっつがふたつもあったり
ひとつがいつつもあったりするよ

ひとつしかなかったり
いつつもあったりしているよ

♪1966通目のお手紙
*2006/01/03


おかえりなさい。



見上げたら青空で
たしかにそれは青空で
だけどどこかから雪が雨が
ひそかに降ってきたりする

見上げたら青空で
間違いなくそれは青空で
だけど内緒のお話しするみたいに
ひそかに降ってきたりする

空だけ見ていたらわからないけれど
たしかにこの手に届いてる

♪1967通目のお手紙
*2006/01/04


おかえりなさい。



小さく小さく折りたたんだら
この袋にも入るよそれも
丁寧に丁寧に折りたたんだら
簡単に入ってしまう

押し込んではいけないよ
小さく小さく折りたたむだけ
押し込んだらいろんな向きに
飛び出そうとしてしまうから

いろんな方向に強い袋を
作らなくてはいけなくなるから

♪1968通目のお手紙
*2006/01/05


おかえりなさい。



それとあれを混ぜてみようか
そうしたら美味しくなるはずだから

くるくるくるくるまわして混ぜて
ひとつのものにしていくんだ

それとあれを半分ずつ
ちょうど半分ずつ混ぜてみよう

最初からひとつだったみたいに
くるくるくるくるくるくる混ぜて

それとあれを半分ずつ
赤と青の瓶から出して

いつまでたっても変わらないから
いつまでたっても混ぜ続けてる

それとあれは同じもの
ただ違う色の瓶に入ってただけ

最初から同じものとも知らずに
いつまでたっても混ぜ続けてる

♪1969通目のお手紙
*2006/01/06


おかえりなさい。



前じゃなくて
後ろじゃなくて
右でも左でもなくて
上でもないし下でもない

ここもそこも動いているから
どちらにあるかなんて今は言えない

ここもそこも止まっていないから
言っている間に嘘になる

♪1970通目のお手紙
*2006/01/07


おかえりなさい。



いろんなところにしるしをつけた
いっぱいいっぱいしるしをつけた

いっぱいになりすぎて
何のしるしだかわからないけれど

いっぱいありすぎてもう
どこがしるしだかわからないけれど

♪1971通目のお手紙
*2006/01/08


おかえりなさい。



鏡にもなりましょう
そちらが光に溢れているなら

透き通ってもみせましょう
どちらも同じ光の中なら

風も雨も防ぎましょう
便利にお使いになればいい

ただそちらが暗ければ
外からは見ることもかないませんが

そちらに光がないのなら
外からは何も見えませんが

♪1972通目のお手紙
*2006/01/09


おかえりなさい。



何にもなくて
ただ四角くて大きいだけで
厚みも堅さもなくて-

まだ何でもない
ただの四角
丸くもないし
三角でもない

何でもないから
何でも包める
どんな形でも
包んでしまえる

四角いから
丸も包める
三角だって
包んでしまえる

♪1973通目のお手紙
*2006/01/10


おかえりなさい。



横向きにだけ動くタイヤをつけて
前に進もうとばかりする

横のならば簡単に
進むことができるのに

横向きにしか動かないタイヤと
前に進むことを諦めてしまう

横を向けば簡単に
進むことができるのに

♪1976通目のお手紙
*2006/01/10


おかえりなさい。



空ならば簡単に
色を変えてしまうのに

虹ならば簡単に
色を失ってしまうのに

色褪せるどころか反対に
どんどん鮮やかになって行く

掌の上ならば簡単に
色は滲んでしまうのに

現実ならば簡単に
色は濁ってしまうのに

消えるどころか反対に
輪郭ははっきりとして行くだけ

♪1974通目のお手紙
*2006/01/11


おかえりなさい。



もう少し綺麗な文字が書けたら
もう少しましな便箋があったら
もう少し大きめの封筒ならば
もう少しちゃんと伝えられたら

もう少しちゃんとした言葉で
気持ちを伝えられたなら
せめて文字だけでも
背筋をのばしていられたなら

♪1975通目のお手紙
*2006/01/12


おかえりなさい。



堅そうに見えるけれど
触れるとぐにゃりとかたちを変える

変わるけれども壊れはしない
壊れないために変わるだけ

折れてしまわないように
耐えるために変わるだけ

♪1977通目のお手紙
*2006/01/13


おかえりなさい。



見た目はどれも同じだから
目印を教えてください
それだとわかっていたならば
護ることもできるはずだから

平気なふりはしないで
目印で教えてください
大きな声で言わなくていいから
目印で教えてください

助けることはできなくても
護ることはできるはずだから

♪1978通目のお手紙
*2006/01/14


おかえりなさい。



布も糸もあるし
ボタンもちゃんと揃ってる
材料は揃っているよ
足りないものなんてひとつもない

このブラウスと同じものを
それを使って作って下さい
同じ柄の布も糸も
そしてボタンもちゃんとある

材料ならばちゃんとある
針がなければ縫えないけれど
必要なものは揃ってる
ハサミがなければ切れないけれど

♪1979通目のお手紙
*2006/01/15


おかえりなさい。



昨日の倍の歩幅で
昨日の半分だけ歩いてみるよ
昨日の半分の数だけ歩けば
昨日と同じだけ進めるはず

昨日の半分の歩幅だから
昨日の倍歩いてみせるよ
半分しか進めないから
昨日の倍の時間をかけて

昨日の半分だけだよ
昨日の半分進むだけだよ
昨日の半分でいいんだよ
半分だけ頑張ればいい

何かがきっと昨日の半分
どれかがきっと昨日の半分

♪1980通目のお手紙
*2006/01/16


おかえりなさい。



何番目の記憶だとか
いつの思い出だとか
そんなことは知らないけれど
とにかく今覚えてる

どうやって覚えたとか
何があって忘れられないかとか
関係のないはずだけれど
なぜだかそれは覚えてる

意味のないことと知っているけど
なぜだかそれも覚えてる
覚えなきゃいけないこともあるのに
そんなことばかり覚えてる

♪1981通目のお手紙
*2006/01/17


おかえりなさい。



からっぽが嬉しくて
嬉しくて嬉しくて
自慢してみたら
いっぱいがいいよと言われた

いっぱいよりも
いっぱいよりも
からっぽがいいから
自慢したのに

全部なくしたら
からっぽになったら
素敵だから
からっぽにしたのに

いっぱいが嬉しくて
嬉しくて嬉しくて
教えてあげたら
からっぽだよと言われた

いっぱいだよ
いっぱいだよ
からっぽじゃなくて
これはいっぱい

からっぽのこれが
それでいっぱいになる
だからいっぱい
これはいっぱい

♪1982通目のお手紙
*2006/01/18


おかえりなさい。



ここにあるものを全部
ひとつの袋に入れてしまおう
なくしてしまってはいけないから
ひとつの袋に入れてしまおう

ひとつの袋に入れたから
ひとつなくしたら全部をなくす
だけどひとつを持って行けば
全部持って行けるということ

ひとつ残らず入れたのであれば
全部持って行けるということ

♪1983通目のお手紙
*2006/01/19


おかえりなさい。



全部知ってるけど
全部わかってるけど
たしかにそれは覚えたけれど
思い出すことができない

眠くてどうしても思い出せない
慌ててどうしても思い出せない
思い出す方法を思い出せない
覚えたことだけ覚えてる

緊張して思い出せない
空回りして思い出せない
覚えたかどうかなんて関係ない
思い出せなきゃ意味がない

これ以上覚えられない
慌てても覚えられない
だから思い出せるように
今はその準備をするだけ

入れる時間はもう終わった
あとは出す準備をするだけ

♪1984通目のお手紙
*2006/01/20


おかえりなさい。



そんなに大切なのならば
この手で包んでいてあげよう

壊したくないのなら
ダイヤモンドの箱をあげよう

奪われたくないのであれば
炎の壁で覆ってあげよう

思いつくすべての方法を重ねて
他の人の手から護ってあげよう

だからそれが氷かそうでないか
すぐに答えを出してください

間違いのない返事をください
すぐに答えを出してください

もしもそれが氷であれば
それは意味のないことだから

もしも氷でできていたなら
壊すことになってしまうから

♪1985通目のお手紙
*2006/01/21


おかえりなさい。



袖がたくさんついたセーター
どこから腕を出してもいいよ

とても太い袖だから
胴もすんなり入ってしまう

それぞれに違う色をした袖
どこから首を出してもいいよ

胴を入れた反対側から
首を出すとは決められていない

何色のセーターかなんて
上手に答えることはできない

それぞれに違う色をしているから
胴になったところの色で呼ぼう

それがセーターかどうかなんて
言わなきゃ誰もわからないけれど

♪1986通目のお手紙
*2006/01/22


おかえりなさい。



作り話をしたんじゃないよ
わざと嘘を言ったんじゃない
全部本当のことだけど
わざと言ってみたんだよ

知らなくてもいいことだけど
知ってしまったら気になるでしょう?
黙っていてもよかったけれど
わざわざ言ってみたんだよ

わざわざ本当のことを言ったんだよ
わざわざ言ったのがわざとなんだよ

♪1987通目のお手紙
*2006/01/23


おかえりなさい。



どちらもずっと動いていて
止まることはできなくて
そのふたつが出会うためには
決めた通りに進むだけ

速すぎても遅すぎても
ふたつは出会うことはない
決めた通りの道筋を
決めた通りの速さで進む

同じだけ速くなるのなら
早く会うこともできるはず
だけど速くなればなるほどに
会っている時間も速く進む

♪1988通目のお手紙
*2006/01/24


おかえりなさい。



色が変わっているから
何かが違っているしるしだろうと
恐る恐る足を踏み出してみる
だけど何も違わなくて

また色が変わっているから
他にも違っている気がして
恐る恐る足を踏み出す
だけど何も違わなくて

ただ色が違うだけ
色が違っているだけ
同じ色をしているところが
同じとは限らないのに

♪1989通目のお手紙
*2006/01/25


おかえりなさい。



知らないことが何なのか
わからないうちは調べもできない

わからないことは知っていても
わからないことはわかっていても

知らないことがあることを
わからないうちは教えてももらえない

知らないことを知らないから
探しに行くこともできない

♪1990通目のお手紙
*2006/01/26


おかえりなさい。



やわらかすぎないから
ころころと
転がすことができたんだ

かたくないから
転がすだけで
きれいなまるにできたんだ

ころころころころ
転がすだけで
固めたり押したり
することもなく

ころころころころ
転がすだけで
温めたり乾かしたり
することもなく

だから優しく
ころころころころ
止まっても急ぎすぎてもいけない

だからこのまま
ころころころころ
きっとすぐにまるじゃなくなる

♪1991通目のお手紙
*2006/01/27


おかえりなさい。



それをひとつください
ひとつだけ分けて下さい
どうしてもそれが欲しいのです
かわりにこれをあげましょう

これをあなたが欲しいなら
それでもいいかもしれないけれど
そうかどうかがわからないから
これをみっつあげましょう

ひとつだけください
ひとつだけどうか分けて下さい
百も千も持つあなたのそれの
ひとつがどうしても欲しいのです

私のこれはみっつしかないけれど
あなたのひとつが欲しいのです

♪1992通目のお手紙
*2006/01/28


おかえりなさい。



一歩前からなら見えたけれど
ここからじゃもう見えない
今から一歩戻ってみても
もう陽は沈んでしまってる

一歩前には戻れても
一秒前にすら戻れない
ただ明日陽が昇るのを
待つことならできるけれど

忘れていても見ていなくても
太陽は昇ってそして沈む
なんとなくだといつだって
その瞬間を逃してしまう

だけど待っていたなら晴れていたなら
簡単に見ることができるもの

♪1993通目のお手紙
*2006/01/29


おかえりなさい。



できないわけじゃないんだ
方法を忘れてしまっただけ
いつも何も考えずに
簡単にできていたこと

できるはずなんだけれど
やり方を思い出せないんだ
どうやっているかなんて
頭で考えたことなどなかった

頭で覚えたことなどないのに
思い出せるはずなんてないよ
頭でやっていたわけじゃないのに
考えても何もはじまらない

♪1994通目のお手紙
*2006/01/30


おかえりなさい。



誰かが声をあげて笑ったら
きっと笑いだしてしまう
面白くて面白くて仕方がないけど
笑うには少し静かすぎて

笑い声が聞こえたら
きっとこらえきれなくなる
笑っちゃいけないわけじゃないけど
笑っていいのかわからない

本当は笑いたいんでしょう?
最初の一声笑いましょうか?
お腹が痛くなるほどに
一緒に大声で笑いましょう

♪1995通目のお手紙
*2006/01/31


 12月ページの先頭に戻る02月

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年

2006年
 01月
 02月
 03月
 04月
 05月
 06月
 07月
 08月
 09月
 10月
 11月
 12月

2007年
2008年
2009年
2010年
2011年

1455045
today: 0340 , yesterday: 0306
更新情報 /ほんわかの素 /TOMORROW/明日の欠片 綾大鈴