a piece of tomorrowTOMORROW携帯LOVEめーる詩「大好き。」
メルマガ案内

詩物語
「TOMORROW」


携帯詩
「風のように」


携帯LOVEめーる詩
「大好き。」


リンク

掲示板

作者(綾大鈴)について

メールについて








■499
□2002/07/01
☆大好き。


何も考えずに眠りたいのに
それでもあなたの夢をみる
泣いたり笑ったり怒ったり
忙しくてたまらない






■500
□2002/07/02
☆大好き。


それは迷路に似ていて
分かれ道はたくさんあるけど
私には一本道と同じこと
他のどの道も気にならない






■501
□2002/07/03
☆大好き。


大好きだからくりかえす言葉
くりかえすから深まる想い






■502
□2002/07/04
☆大好き。


カウントダウンしてみせたなら
心の準備を整えるから






■503
□2002/07/05
☆大好き。


小さな小さな植木鉢の
小さな小さなサボテンは
とてもとても淋しがり
私の分身あなたにあげる






■504
□2002/07/06
☆大好き。


「ごめんね」
不思議なほどに
素直に言えた

少しずつ
変わって行く
私がいる






■505
□2002/07/07
☆大好き。


短冊に書いた願い事
はじめて文字にした言葉
見られたくない見られたい
あなたへの想いを世界中に
宣言しているみたい






■506
□2002/07/08
☆大好き。


太陽を肌で感じて
約束の日が近いことを知る
青空が目に染みる
線香花火を買いに行こう






■507
□2002/07/09
☆大好き。


一週間後と言われても
きっと忘れてしまうから
今すぐにこの足で
あなたに逢いに行きましょう






■508
□2002/07/10
☆大好き。


似てる似てない
好き嫌い

喧嘩の原因は
ずっと成長しないまま






■509
□2002/07/11
☆大好き。


鞄の中には
もうとっくに読み終えた本
まだはずせない栞
いつか言いたい台詞






■510
□2002/07/12
☆大好き。


負けてもいいよ
想いの深さは
私の負けの方がいい






■511
□2002/07/13
☆大好き。


何も言わずに通じあう
そんな二人になりたい

だから今はできるだけ
いっぱいいっぱい話したい






■512
□2002/07/14
☆大好き。


長い列
待ち時間は30分
言葉では待ちわびて
心では嬉しくて






■513
□2002/07/15
☆大好き。


メールをずっと待っている
新しい携帯と抜け殻の携帯を
二つ並べて見つめる日々が
はやく終わりますように






■514
□2002/07/16
☆大好き。


最初の一歩
踏み出すために
背中を押すのは
その手がいいと
目を閉じてその瞬間を
そっと一人待っている






■515
□2002/07/17
☆大好き。


どこにいても
何をしていても
考えることは同じ
呟いている言葉は同じ






■516
□2002/07/18
☆大好き。


見送った電車の数が
今日の二人の想いの記録






■517
□2002/07/19
☆大好き。


一緒にいると
いつの間にか
眠ってしまったみたいに
心も時も穏やかで
夢をみている気分です






■518
□2002/07/20
☆大好き。


聞こえないように
小さな声で
あなたの隣
呟いた「大好き。」

自信を持って笑えるように
それは最高のおまじない






■519
□2002/07/21
☆大好き。


ずっと考えていたことは
一瞬で消えて行くのに
今この瞬間感じたことは
このままきっと永遠になる






■520
□2002/07/22
☆大好き。


全部好きって言いたい
だけどそれじゃ嘘みたい

たぶんだからわからないけど
嫌いなところが見えなくなるほど
好きなところが多いんだ






■521
□2002/07/23
☆大好き。


声が聞きたい思いだけ残して
疲れ果てて眠った夜は
夢の中まで逢いに来て
きっと優しく抱きしめるから






■522
□2002/07/24
☆大好き。


何度でも言うよ
何度でも聞くよ
いつだって同じ言葉を
あきるわけがない
思いはいつも新しいから






■523
□2002/07/25
☆大好き。


目を閉じて
足音を探す
君を待つとき
空気さえ愛しい






■524
□2002/07/26
☆大好き。


レースのカーテン揺れている
浜辺を揺れる波のように
海に行こう花火をしよう
話せなかったお昼の電話
用事はそんな思いつき






■525
□2002/07/27
☆大好き。


最近お気に入りのジュース
いつものコンビニ売り切れだから
今日は向こうのコンビニまで
二人並んで歩いて行こう






■526
□2002/07/28
☆大好き。


君の前ではいつも笑顔
理由はいつも笑顔の君






■527
□2002/07/29
☆大好き。


運命のように感じるのは
逢っていても逢えなくても
ほんの短い時間が
永く遠く感じるから






■528
□2002/07/30
☆大好き。


時も空気も
流れを変える
君はそんな
不思議な人






■529
□2002/07/31
☆大好き。


忘れる方が幸せなことも
この世にはきっとあるけれど
どんなに哀しい想い出でも
二人のことは覚えていたい



2002/06ページの先頭に戻る2002/08
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

2002年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2001年

1478684
today: 0026 , yesterday: 0370
更新情報 /ほんわかの素 /ことのは天使のお手紙 綾大鈴