a piece of tomorrowTOMORROW携帯詩「風のように」
メルマガ案内

詩物語
「TOMORROW」


携帯詩
「風のように」


携帯LOVEめーる詩
「大好き。」


リンク

掲示板

作者(綾大鈴)について

メールについて




進んでくだけ進むだけ
戻りはしない進むだけ

#1387
2006/01/01




外には外の風があるでしょう
でもここにはここの風がある

#1388
2006/01/02




本気で言えば言うほどに
冗談みたいになってしまうけど

#1389
2006/01/03




二段飛ばしで進んできたから
立ち止まる時間があってもきっといい

#1390
2006/01/04




壊れないならば壊したくなる
壊れそうならまもりたくなる

#1391
2006/01/05




入り口は扉だけじゃない
ほんの小さな裂け目でもいい

#1392
2006/01/06




約束が欲しいとは言わない
約束に似ているものでいい

#1393
2006/01/07




覚えているのに知っているのに
それでもまだ知りたくなる

#1394
2006/01/08




まるでそれを望んでいたみたいに
微笑んだ者の勝ち

#1395
2006/01/09




そのために用意した
言葉では決してないのだけれど

#1396
2006/01/10




全部ではない全てではない
全部なくしたら今もないはず

#1397
2006/01/11




言わずに済んだから
どうしても終わったとは思えない

#1398
2006/01/12




この速さならば見つからないよ
この遅さなら気づかれない

#1399
2006/01/13




いくらでも手はさしのべるよ
触れる瞬間隠すだけで

#1400
2006/01/14




それができるくらいならば
今ここに私はいない

#1401
2006/01/15




たしかにそこを目指していたけど
それより先は必要ない

#1402
2006/01/16




戻る方法を覚えるならば
進む方法を考えなさい

#1403
2006/01/17




わからないことばかりだから
これだけは絶対に見失わない

#1404
2006/01/18




本物だけを求めてく
本物が何かも知らないのに

#1405
2006/01/19




空を見上げて夢を見てたから
もう空も見ていられない

#1406
2006/01/20




目を閉じても呼吸を止めても
時は止まるはずもないのに

#1407
2006/01/21




通り越して一周まわって
だから今笑っていられる

#1408
2006/01/22




そのために忘れたすべてを
今ひとつずつ最初から

#1409
2006/01/23




足りないものがわからないから
とりあえず今はすべてが欲しい

#1410
2006/01/24




コートのポケットの中からずっと
外をうかがいつづける想い

#1411
2006/01/25




蓋はきつくきつく閉めた
底が抜けているとも知らずに

#1412
2006/01/26




嘘なんて言ってない
真実じゃないかもしれないだけ

#1413
2006/01/27




背伸びして手にしたものだから
返すにはまた背伸びしなくちゃ

#1414
2006/01/28




そんなはずはない
それは私の嘘からはじまったこと

#1415
2006/01/29




少しだけをいっぱい集めた
これは何て呼べばいい

#1416
2006/01/30




あると言い張るその人にも
見えているわけではないのに

#1417
2006/01/31





2005/12ページの先頭に戻る2006/02
2009年
2008年
2007年

2006年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2005年
2004年
2003年
2002年

1426565
today: 0018 , yesterday: 0474
更新情報 /ほんわかの素 /ことのは天使のお手紙 綾大鈴